高崎の工務店が建てる地震い強い家

main-img

高崎の工務店は正当な方法で地震に強い家をつくっています。

大手住宅メーカーでも地震に強い家をつくっていますが、ほとんどが材料や工法を簡略化したものです。2×4工法は初期は十分な強度を持ちますが、そもそもが、細い部材に合板が打ち付けられたパネルでできています。

日本建築の伝統である太い柱は、圧倒的な耐久性を持ちます。法隆寺に使われる柱は、千年以上立ってもビクともしません。一方、2×4工法で用いられるパネルは、50年持つかどうかはわかりません。

高崎の工務店では、構造材に太い柱を用います。

群馬の注文住宅情報を探しましょう。

太い柱と梁を組み合わせて経てる木造軸組み工法は、正当な方法で建てられた地震に強い家です。
大手住宅メーカーがつくる家との差が出るのは50年を経て以降です。

本物は50年経ってもビクともしません。高崎の工務店は伝統に安住しているわけではありません。

国が決めた筋違い工法の欠点を補強する意味で、剛床を設置しています。剛床は家全体を一体化し、耐震性を強化します。建築基準法で定められた筋違い工法だけでは、地震に対して十分な強度を得られないことが、民間レベルではわかっています。


法律が変わるまでには時間がかかるので、民間の工事会社はすでに手を打っています。

直下率は新しい概念として採用されています。



2階に壁がある場合の1階には、2階と同じ位置に壁を設けた方が地震に強いという考え方が直下率です。



高崎の工務店の間では昔から常識だったことで、良識ある大工棟梁は、すでに直下率の考え方を採用しています。

人に言いたい土地

subpage01

関東地方の中でも北部にあるといわれている群馬県は比較的寒い所で知られています。東京と隣接しているわけではなく東京に通う人も少ないです。...

more

土地の特徴紹介

subpage02

一戸建て住宅を建築するならば、工務店選びが重要になります。工務店選びが重要な理由は、住宅は工務店を正しく選ぶかどうかでどのような形の住宅ができるかは決まってくるからです。...

more

大人の常識

subpage03

注文住宅を建築する場合、群馬県にはたくさんの工務店がありますが、工務店の選び方一つで注文住宅の出来上がりが変わってきます。このように考えるといかに群馬県の工務店選びが大事なのかが分かるのではないでしょうか。...

more

大事な土地の事

subpage04

注文住宅を建築したいと考えているならば、業者選びが大事なります。注文住宅を建築してくれる業者は主に3種類です。...

more